外腹斜筋を鍛えることのメリット


外腹斜筋とはお腹の外側に位置する筋肉の一つで図に示すように肋骨から大転子(足の付け根にある出っ張り)までを形成する筋肉です。

外腹斜筋は主に体を前に倒す動き、前を向いた状態で体を横に倒す動き、後ろを向く動きをサポートしています。

中でも体を横に倒す動きでの貢献度は高く、外腹斜筋が損傷している場合、上手く体を曲げれなくなります。日常生活でも外腹斜筋は自然と使っている筋肉ですので、鍛えておいて損はないでしょう。

逆に外腹斜筋が弱ってくるとお腹に力が入らなくなり腰を痛めやすくなったり、歩いたり立ったりしていてもすぐに疲れてきたりします。

外腹斜筋は体幹の動作に大きな影響を及ぼしているため、鍛えれば鍛えるほど高い負荷がかかった状態でも無理なく体幹を動かせる体に仕上がります。そのため腰痛の予防にも有効的です。

また美しいお腹周りを作るのにも効果的で外腹斜筋を鍛えることでシックスパックが綺麗に形成されます。ダイエットをしたい人にも鍛えてほしい筋肉です。

そこで簡単な運動方法をご紹介します⇒動画はコチラ

動画でも説明したとおりダンベルを両手に持ってやっていただくとより効果的です。

しかし、まずは何も持たない状態からフォームを意識してトレーニングしていただいて慣れてからダンベルなどを持って負荷をかけていくことをおすすめします。いきなり負荷をかけすぎると筋肉を傷める原因になってしまいますので、徐々に鍛えていってください。

是非、実践してみてください!!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。