汗をかいて熱中症対策!!!


今回は、熱中症についてご紹介します。

 

熱中症というと、高温多湿な環境にいてて体が適応できなくて『めまい』や『頭痛』酷くなると『けいれん』を起こしたりします。また、亡くなられるケースもあります。

 

そこで、予防法として、水分や塩分をこまめに摂取したりするよに言われていますよね。

ただ、水分もとるだけではなくてしっかり汗として体の外に出していかないといけません。

 

汗をかきたくないからといって汗をかかないようにしていると、汗をかきにくい体になってしまいます。

その結果、体に熱がこもってしまい熱中症になってしまうケースもあります。

ですので、汗はちゃんとかくようにするのも熱中症の予防になります。

「毎日湯船に浸かる」とか「ウォーキング」をしてちゃんと汗をかいているといざ暑くなっても汗をかいて体の熱をにがることができるようになります。

皆さんも、今年の暑さを乗り切るためにも汗をちゃんとかけるような体を手に入れましょう。

ただ、汗をかいたらしっかりと水分や塩分を摂取してくださいね。

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。