夏のなんとも言えないだるさの原因は〇〇〇


夏になると

 

やる気はあるのに体がだるい。

すぐに疲れて横になりたくなる。

なんとなく元気が出ない

ふらつく

眠たい

 

ということが皆さんはないでしょうか?

 

その原因は低血圧かもしれません。

夏は血管が広がりやすいです。また、汗をかいたりして体の水分が失われていき血液自体の体積が下がります。

ですので、夏が1年で低血圧になりやすい季節なんですね。

 

その結果、低血圧になりだるいとか横になりたくなったりすぐに疲れたりしてしまうんですね。

 

そこで、対策としては血圧が下がると血液の循環も悪くなりますので、血液の循環を良くするためにもウォーキングが効果的です。

ウォーキングをすることでふくらはぎの筋肉のポンプ作用を使って血液の循環を良くしていきます。

また、筋肉のポンプ作用を強くするためには筋肉が必要ですので、動物性タンパク質を食事に取り入れてほしいと思います。

 

皆さんも、夏を元気に乗り切るために試してほしいと思います。

 

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。