下痢に効果的な運動


一般に、やわらかい便や水のような便が出ることを下痢と

いってますが、便の状態にも個人差があります。いつも便が

やわらかいが、体調に問題ないという場合は、下痢とはいい

ません。水っぽい便が普段よりも回数多く出たり、排便時に

おなかが痛むなどの不快な症状を伴う場合を、下痢といいま

す。

現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、

整体法では特別な場合を除き、下痢を止めるようなことはし

ません。なぜなら、人間の体には不必要なもの、害になるも

のが体内に入ってきたとき、それを外に出そうとする働きが

そなわっており、下痢もその手段のひとつだからです。

たとえば、傷んで悪くなった食物、食中毒を起こすような細

菌やウィルスが付着した食物を、うっかり食べてしまったと

します。このとき下痢をして、さっさとそれらを体の外に

出してしまえば、せいぜい腹痛程度の被害ですむのです。

しかし、無理に下痢を止めると、大変なことになります。細

菌が腸内で繁殖して、大量に毒素が出されて、体がおおきな

ダメージを受けてしまうのです。下痢を止めることによ

り、激しい腹痛、嘔吐、発熱のほか、命を落とすことさえあ

ります。

ちなみに、嘔吐も悪いものを排出する手段のひとつです。下

痢だけでは排出が間に合わないような毒性の強い物質が入っ

てきた場合には、嘔吐も一緒に起こります。また、薬で下

痢を止めた場合も、それにかわる手段として嘔吐が起こりま

す。とはいえ、長く下痢が続けば体が弱ってしまいますか

ら、対策が必要です。この場合、体が刺激に対して過剰に反

応してしまったと考えられるので、脊柱をゆるめる体操で、

体の中心部の緊張をほぐしましょう。下痢の症状が落ち着い

てきます。この体操は、精神的なストレスが原因で起こる、

過敏性の下痢にも効果があります。すぐには効果が現れない

かもしれませんが、続けることにより、しだいによくなっていきます。

1、手を前からゆっくり上にあげ、両手足で、背骨を思いきり伸ばす。このときアキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

2、背骨を伸ばしきって2.3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。