長時間、イスに座れなくなるお尻の話。


少し座っているだけでお尻が痛くなったり
違和感を感じて、長く座っていられない。

そのような現象が最近出ていませんか?

【動画】長時間、イスに座れなくなるお尻の話。

 

人が「座る」時に大切な部分として、骨盤があります。

 

その中でも坐骨という部分を中心にして座っているのです。

この坐骨に体重が乗らなかったり、左右のバランスが崩れていると

座りにくくなってしまいます。

 

 

 

 

しかし、時と場合によって、体をねじって座る事もあり、

必ずしも、常にまっすぐ座るというのは難しいのが現状です!

 

そこで、ある程度、ゆがんで座っていても

坐骨に体重が乗るようにバランスを取っているのが

仙骨の役割になっていました。

 

 

 

 

この仙骨が上手にバランスを取れなくなると、

「座っているだけで、足がむくんでくる」という症状が出てきます。

 

よく足のむくみは、血行が悪くなっていると思われますが、

座って発生する”むくみ”は、

実は、骨盤に過剰な刺激が入っているからなのです。

 

それが、巡り巡って血流を悪くしたり、水分の代謝を悪くしていたのでした。

 

今回は、足のむくみ・座っているとお尻がだるくなってくる人に

お勧めの方法をお教えします。

====================

まず、背伸びをします。

次に、小指の先をグリグリと揉みます。

最後に、もう一度、背伸びをしながら、手をグーパーグーパーします。

====================

これだけでも、仙骨に刺激が入り、筋肉も適度に緩みますので、

ぜひお試しください!
【動画】長時間、イスに座れなくなるお尻の話。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。