肩の安定性を高めるインナーマッスル その1


肩甲下筋は肩周りのインナーマッスル(ローテーターカフ)の一つで肩甲骨の前面から起始して上腕骨を引きつけて肩関節の安定に貢献している筋肉です。

肩甲下筋の作用は以下の通りです。

・肩関節の内旋・・・腕を横に伸ばした状態で肘を左回しに回転する動作

・肩関節の安定

・肩関節の水平内転・・・両腕を真横に伸ばした状態から体の内側に寄せていく動作

また日常生活で腕を振る動作やボールを投げる動作で肩甲骨が動くときに肩の骨同士を引きつけて外れないように安定させる働きに貢献しています。

肩甲下筋の貢献度は肩関節の筋肉でも高く、故障してしまうと肩関節の動きをスムーズに行えなくなるリスクがあります。したがって普段からしっかり強化しておく必要があります。そこで紹介するのはこちらです。

肩甲下筋を鍛える簡単な運動⇒動画はコチラ

スポーツにおいても肩甲下筋は貢献度が高いのでアスリートの方などは特にこの筋肉を強化することをオススメします!頑張ってみてください!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。