冬の季節に気を付けておきたい“水分”のとりかた


寒さが厳しい季節になってきましたが、皆さんは元気に過ごされていますか?

冬になると色々な不調が体に現れやすくなりますが、それらの多くは【水分】を上手にとることで解決できる事をご存知ですか??

人間の体は6~7割が水分でできていて体の機能をちゃんと働かせるために

とても大切な役割を果たしています。

ですので水分が不足してしまうと

体がだるい、重い、こわばる、風邪が治りにくい

等さまざまな症状が起こります。

また、血液が濃くなってしまうので

脳梗塞や動脈硬化

などの原因にもなってしまうのです。

そして、寒く感じやすくなってしまう、寒さに弱くなってしまうのも水分不足の影響の一つです。

そして、体の感じ方だけでなく“寒さの影響”をうけるか、うけないかにも関係しているのです。

上に書かせてもらったように

水分が十分にあるか、そうでないか、で体への影響は大きく変わるのです。

【上手な水分のとり方】

体が乾く時期には、常温の水を飲むのが最適です。

ただ水を飲むと「体が冷える感じがする」、「冷たいので、飲みたくない」 と感じる人は、体が水を吸収できない状態になってします。

まずお茶でも紅茶でもハーブティーでも、温かいもので代用します。

そして温かい飲み物を飲みながら間にお水を一口飲む。 そうしているうちに、水を飲むのが嫌でなくなってきます。

お茶などは吸収がよさそうに思えますが、利尿作用が強く、意外と体を素通りしてしまいます。

できれば常温の水がよいのです。

コーヒー、ビール、お酒などは、飲むとよけいに体が乾きます。

なのでそれらの飲み物を飲んだ後は、しっかり水も飲んでおきましょう。

ジュースなどの甘い飲み物は、体が潤わずにむくんでしまう傾向があり、渇き対策には不向きです。

 

動画はこちらから

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。