胃のぜん動運動を助ける方法


胃の調子が悪いとき、たいてい胃のなかには必要以上の量の胃

酸がたまっています。そのため、正常な胃のぜん動運動が起こ

らないので、消化機能が低下します。あまりにも酸が増えてく

ると、胃壁が炎症を起こすこともあります。

また、ストレスでも胃のぜん動運動は鈍くなります。けれど

も、おかまいなしに胃酸だけは増えるので、余計に胃の調子が

悪くなるのです。

こういう場合、胃の機能を正常に戻したり、ストレスを除くこ

とが根本的な治療になるわけです。現代人の多くが選ぶ、胃の

薬を飲んで手っ取り早く調子をよくする方法は、そのばしのぎ

の対策にすぎません。胃の調子は、またすぐ悪くなり、そし

て、再び薬を飲むことになるのです。

こんなことをくりかえしていて、胃の調子が本当によくなるは

ずがありません。けれども、私たち現代人は、それを慢性胃炎

などと呼んで、治らなくても当たり前のように錯覚していま

す。

くり返し強いストレスをうけているうち、胃壁がこわれてしま

うこともあります。これが胃潰瘍です。

困ったことが起きたときに、「胃がいたくなりそう」というこ

とがあるように、胃の調子はストレスと大きくかかわっていま

す。

感情的なものが最初に伝わるのは腎臓で、次に胃、腸となりま

すが、逆に感覚的に最初に感じるのは腸で、最後が腎臓です。

昔はストレスで盲腸炎になることが多かったですが、現代は過

敏性大腸炎などの腸炎を起こすことが多くなっています。

ストレス性の胃腸のトラブルが起こったとき、すでに腎臓もス

トレスの影響を受けています。腎臓の不調は泌尿器ばかりでな

く、生殖器系にも出ます。たとえば、性欲が減退したり、女性

であればホルモンのバランスをくずしたり、月経痛や月経不順

などの月経に関するトラブルが起こります。

胃の不調では、胃がストライキを起こして消化活動を停止し、

食べたらすぐ下痢をするような状態も含まれます。

 

 

 

胃のぜん動運動を助ける方法

1.肋骨からへそまでのあいだ4箇所のお腹の筋肉の外側を上から順に左右から寄せる。

2.前屈しながら肋骨の下に指を入れ、肋骨を上に上げる。

3.指が肋骨の下に入り込んでもOK。

1日2回(朝・晩)が目安。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。