冬から春の変わり目に体調を崩さないために


季節の変わり目は体調を崩しやすい…

皆さんは調子を崩していませんか??

冬から春に向かう時に

・息苦しさ

・ぼーっとする

・頭が重い

・目や鼻の粘膜がかゆい

等々に悩まされる人が多いようにおもいます。

実はそれらの原因は同じで

冬の寒さによって肩甲骨の動きが悪くなってしまう為

です

春をうまく迎えるためには頭の後ろの骨(後頭骨)と肩甲骨が柔らかく動けるとが大切なのです。

頭の後ろの骨は春が近づいてくると自然に柔らかくなるのですが、肩甲骨は動きがつきにくいです

その動きの悪さが不調の原因になってしまいます。

ではどうすれば肩甲骨が動くようになるのでしょうか?

自分で「力を抜こう」と意識するだけではなかなか上手くいきません

①肩甲骨をグッと背骨に寄せる(内側に寄せる)→脱力

②肩甲骨を上にあげる(肩をすくめる)→背骨に寄せる→脱力

※①、②を5回ほど繰り返す

③腕の付け根の前の部分、後ろの部分を5回ほどつまむ

上のようにすると肩甲骨が柔らかく動くようになり、不調を迎えずに春を迎える事ができます

気になる方はお試しください

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。