体幹を強くするためにすべきこと


体幹とは人間の手足を除いた胴体部分のことを言います。そして人体の主要部分であるとされています。

図が示すように体幹を構成する筋肉には多裂筋、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋が挙げられます。

体幹が弱いと身体がすぐにぐらつき転びやすいといったことになり日常生活においても支障をきたします。

なのでいくら腕や脚だけを鍛えてもこの体幹を鍛えないとあまり意味がないと言われています。

今回は体幹を構成する筋肉である腹横筋のトレーニングをご紹介したいと思います。

 

1.床にあお向けになり、膝を立てる。

2.深く息を吸いながら、お腹を膨らませる。

3.息を吐きながらおへその下を、へこませた状態を10秒キープ

4.10程度ゆっくりを行っていく。

⇒動画はコチラ

この運動は簡単でそんなにきつくないためいつでも気軽に行えるオススメの運動です。

地味ですが続けていけば必ず成果を上げれるでしょう!

頑張ってやってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。