あごの痛みに効果的な体操


あごの関節は、はまり方が意外に浅いものです。だから、しっ

かりと筋肉で支えておかないと、うまくものがかめなくなりま

す。しかし、現代人は固いものをあまり食べなくなったので、

あごの筋肉がずいぶん弱くなってしまいました。

そのため、本来なら筋肉が受けてくれるはずの力が直接、あご

の関節にかかるようになり、口を開けるたびに、痛みに悩まさ

れる人もふえてきました。

ちなみに、口を開けるとき引っかかるような感じがしたり、関

節の鳴る音がする、痛みのために口を大きく開けたり、ものを

かんだりすることができない、といった状態になってしまう

と、顎関節症という病気として扱われます。

柔らかいものばかり食べていないで、歯ごたえのあるものを

しっかりとかんで食べるようにし、普段からあごの筋肉をきた

えることも結構なのですが、じつはあごが痛むのは、あごの筋

肉だけのもんだいではありません。

首とあごをつないでいる胸鎖乳突筋という筋肉も衰えて、硬直

したり伸びきったりしているのです。この胸鎖乳突筋にでる異

常は、呼吸器や腕の使いすぎ、さらには骨盤の異常が原因とな

ることもあります。

この胸鎖乳突筋が衰えると、肩こりや首の痛みなど、さらに多

くのトラブルがおこるようになります。

そういうとき整体法では、別の部分から二次的、三次的に、患

部に働きかける体操を行うことをすすめています。ここでは、

脊柱をゆるめる体操をするとよいでしょう。中心がしっかりし

ていると、それにつながる部分も強くなってくるので、まずは

体の中心線にあたる脊柱に力を集中させるのです。

この体操では背骨を伸ばしたときにあごから首、肩にかけての

筋肉が収縮し、力を抜いたときに弛緩します。この正反対の力

の繰り返しが、筋肉をゆるめて、必要なときに力を入れやすく

するのです。首と肩の境目(頸椎、6・7番)に意識を持って

いって、そこをとくにのばすようにすると、さらに効果的で

す。

 

 

(脊柱をゆるめる体操)

①あお向けに寝て、手を前からゆっくり上にあげ、両手足で背骨を思い切り伸ばす。このとき、肩甲骨はうちに寄せ、アキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。

②背骨を伸ばしきって2・3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。