今の時期から気を付けていきたいエアコンの使い方


少し暑い日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか??

そろそろエアコンを使おうかな…

と思っている方に気を付けてほしい事があります

人間の体は、気候の変化に対応できるように上手くの変化して、体を作り変えるようになっています。

夏が近づくと、汗腺が開いて汗が出やすくなり、体がゆるみ体の中にある熱が外に出やすい状態になるのです。

それが“夏の体”の特徴になります

そして「暑い」 ということに適応するよう特化した体なので、冷房の冷たい風には弱いのです。

ここ年々夏の暑さは厳しくなり、そして昔とは違い建物はコンクリートとアスファルトに囲まれていて「自然な体」が適応できる暑さを超えつつあります。

そして、住宅では断熱材を使い、気密性の高い建物が増えて

冷房を使うことが前提となっています。

それらの事を合わせて考えると、今の世の中では冷房なしの生活は

とても考えられないでしょう。

しかしながらエアコンや建物によって過ごしやすい環境が作られても、

人間の体は自然によって作り上げられたものなので。

夏になると暑さに対応できるように変化します。

そして暑さに強くなる分、冷房には弱くなります。

冷房を使わなければ暑さにやられてしまいますが、

使ったら使ったで体は冷えの影響を受け体調を崩しやすくなります。

また、冷房に入りっぱなしだと、汗が出ない体になってしまいます。

あちらを立てればこちらが立たずになってしまうのですが…

こまめに冷房の温度に気を配って上手に使うしかありません。

また、活動しているときは体に影響がない温度でも、

寝るとなると冷えすぎることがあります。

そのあたりも、エアコンを弱めに使ったり、

布団や寝間着を厚くする等して対応するのがベストです。

理想は…寝るときは冷房は使わないのが一番いいのですが。

しかし準備もなしに、急に冷房を切って寝ると、かえって具合が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。

真夏に冷房なしで寝るには、初夏、梅雨から汗をかく習慣を持ち、暑ければ汗が出て体温調節ができる体を作っておかなければなりません。

チャレンジするのならば、

夏前から運動や足湯、入浴などで汗をかけるように

体をならしておくことをお勧めします。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。