疲れ目の対策


 

 

 

 

 

 

 

疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー

クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面

を見つめることは、目にとって大きな負担になります。

また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま

す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し

ているのです。

腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して

いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。

また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ

る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体

温が低いという傾向が見られます。

いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く

なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の

趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で

す。

目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、

血行を促す方法として有効です。

・上頸の持ち上げ

1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。

2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。

・足の趾骨間の溝掃除

1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動

かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。