赤ちゃんに抱き癖ってよくないの?

抱き癖という言葉がありますが、

抱っこばかりしていると、甘えん坊になるという話があったり、

だからといって、泣いている赤ちゃんをほおっておくことは、心が痛みます。

抱いていないと泣きやまなかったりもして、難しいですよね。

そこで、工夫してほしいことは・・・

やはり、下に寝たがらなかったら、赤ちゃんの心に「不安」があったり、「寝心地」がよくないことが考えられます。その工夫が必要ですが、

「抱き癖」ということで、ひとつ注意してほしいことがあります。

抱き癖をつけまいとして、泣いていても寝かしたまま、ほおっておくことは、よくありません。

だんだん無表情になったり、頭が絶壁になったりする可能性が高いです。

無表情が勘違いをさせて、良い子になったように見えたりもしますが、とても危険な状態で、甘えたい気持ちを締め出して喜怒哀楽が少なくなります。

そうして育った子は、将来、乱暴で攻撃的な性格になるということが、データに出ています。

「抱く」ということは、言葉がけとは違う親子の交流です、よく抱いてあげて、スキンシップをとることが大切です。

動画はコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=ZXP1G51IjqU&context=C3b7dc0cADOEgsToPDskK8c9TmFcJhsy_Mz6fyJ_H_

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。