夏の体調を整えるには“熱いもの”が良い!?


暑くなってくるとどうしても冷たい飲み物が欲しくなったり、涼しい部屋で過ごしたくなりがちですが…

体にとって“飲み物”と“お風呂”熱い方が良い影響を及ぼす事をご存知ですか?

熱い飲み物を摂るように気を付けていると“暑さに強い体”を作ってくれます。

その上、喉が渇いた時に冷たい飲み物よりも少ない量で喉を潤す事ができます

(冷たい飲み物だとついつい飲み過ぎてしまい、水分を摂り過ぎてしまう傾向があります)

疲れている時に“はちみつ”と“レモン”を混ぜると疲労の回復に役立ちますし、汗をたくさんかいた時に“お茶”と“梅干し”の組み合わせはミネラルの補給(熱中症の予防)に効果的です。

お風呂は“少しだけ熱めの温度”につかる事をお勧めします

それは冷房によって縮んで固まってしまった体をゆるめる為です

冬程高い温度は必要ないのですが、ゆっくりとリラックスして入浴できる温度では効果が薄くて、何分か浸かっていると出たくなるぐらいの温度が理想です

より効果的な入浴方法は

1:最初は足だけつける(浴槽に座る又は立っておく)

2:みぞおちのあたりまでつかる(手や腕は外に出しておく)

3:肩、首まで浸かって温まりきる前にでる

です

冷房によって体が完全に冷え切ってしまっていると

体が温まる前にのぼせてしまったり、冷えの影響が抜けない場合があるので上記のような入浴方法がおススメです

そして大切なポイントは

入浴中よりも入浴後に汗をかくようにする事

です

風呂から上がった時に冷房や扇風機で冷やすのではなく、自然と汗が引くまで待つようにする事が大切です

折角汗が出やすい状態を作っても、それを体に引っ込めてしまうと効果が薄れてしまいます

しっかりと汗を出し切る事が夏を過ごしやすい体を作るうえで大切なポイントになります

皆さん、ぜひお試しください。

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。