秋になる前から気を付けておきたい事


夏も終わりに差し掛かってくると“秋”の季節に合わせる為の注意が必要になってきます

夏と秋の違いは…

体の負担がかかる場所が変わる事がポイントです

夏場は暑さによって沢山汗をかくので皮膚が活発に働き、他の部分よりも負担が掛かり気味になります

いっぽう秋になると朝晩が冷え込むようになり、皮膚が縮み汗が出にくくなります。行き場を無くしてしまった汗は尿として体の外へ出されます。

夏の間、水分は汗と尿

として排泄されますが

秋になって皮膚が縮むと

尿のみで体の外へ排泄される事になります

そうなると夏以上に泌尿器(腎臓、膀胱)に負担がかかってしまうのです。

泌尿器に負担がかかってしまうと

むくみ

喉や耳の痛み

トイレが近くなる

下痢

足が引きつる

頭痛

等の症状が現れてしまいます

ですので、体が急に冷えないように気を付ける事が大切です

特に気を付けておきたいのが

夜寝る時です

寝入る時は暑く感じていても、夜中や朝方になると冷え込んできて

知らないうちに体が冷えてしまう事が多いです

ですので、寝る時に冷えないような服装をしたり、タオルケット等で冷えないように気を付ける事で対策ができます

気になる方は是非お試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。