寝冷えの原因と対策方法


秋になると寝冷えによって不調を引き起こされてしまう事が多々あります

身体が冷えてしまうので下痢を起こしてしまったり

冷える事で神経痛が出てしまう

等は想像ができると思うのですが

食欲がなくなる、咳が出たりなかなか止まらない

喉や耳が痛い、足がだるい

等も寝冷えが原因で引き起こされてしまう症状です

寝冷えの不調の元は腎臓なのですが

1:腎臓が冷えてしまう

2:腎臓に水分がいっていない(水分代謝)

が原因です

対策方法としては

腎臓の水分代謝については、飲む水の量を増やしてあげる事です

また

下痢や食欲等のお腹の症状は足の3-4指の間

喉や咳などの症状は足の2-3指の間

心臓の動悸や生理不順は足の4-5指の間

を広げるようにすると、症状が改善されやすいです

気になる方は是非お試しください。

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。