肩こりを自分で治す


厚生労働省が行う統計では男性では2番目に、女性では1番多い症状である肩こり。 

ほとんどの女性が訴えています。それだけではまだしも、肩こりから来る首のコリ、又は頭痛など、これらの症状から解放されると人生が変わるというくらい苦しんでいる方が多いです。

今日はそんな肩こりを少しでも自分で解消できる方法をご紹介します。

まず一番肩こりに関連している筋肉で多いのが僧帽筋という筋肉です。

これは数少ない二重神経支配といって首の神経からだけでなく、脳の神経からも支配を受けています。

これがどういうことかというと、より多くの箇所から影響を受けるので、不調になりやすいということです。肩こりがストレスとも大きく関係していることからもそれがうかがえます。

ストレスがなくなれば肩こりも軽減されるでしょうが、そんな簡単にはいきませんよね。

でも体を整える事によって、ストレスに影響を受けにくい体を作ることはできます。

もう一つ肩こりの原因として多いのがデスクワークや細かい作業による肩、腕の偏った使い方です。

同じ作業を繰り返し行うことによる筋肉のくせや捻じれが肩こりに大きく関わってきます。

この場合もこれからご紹介する体操で解消することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=qZS1FoqJNU8&feature=youtu.be

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。