温かい気候になってきた時に気を付けて欲しい事


少し汗ばむような陽気になってくると

急に体調を崩す人が増え始めます

これには原因があって

『汗をかいてそれを急激に冷やしてしまう事』

がもとになります

汗をかいて冷やすくらい大したことではないのではないか?

と思う方も多いと思うのですが

実は

体の重さ、だるさ、むくみ、筋肉が痛む、眠くなる、頭痛、目の奥が痛む

鼻水がでる、下痢、等々

場合によっては血圧の急な変動や、脳溢血の原因になってしまう場合もあります

ですので、案外あなどる事はできません

汗をひっこめた為に体調が悪くなってしまうので

ひっこんだ汗をもう一度外に出す事で体調不良は解消されます

ただ、入浴や運動だけでは上手く汗が出ないので

首と頭の間にある『頚上』と呼ばれるポイント

(後頭部の真ん中を下に降りていくとポコッと出っ張った箇所があり

そのすぐ下にある頭と首との境目)

を蒸しタオルで10分ほど温めると、じわっと汗が出て不調が解消されます

汗のかき始めはベタベタするのですが、サラッとした汗が出てくればOKです

上に書かせていただいた事だけでなく

汗をかく事は健康を保つうえでとても大切です

その理由は尿や便からは排泄できない、汗からしか排泄できない毒素や老廃物がある為です

春先に体調を崩してしまいやすい人

汗をか生きにくい体質の人にはお勧めです

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。