足が疲れたときに有効なストレッチ


人間は常に2足歩行で生活するので、自然と足の疲れが溜まっていきます。

その疲れが溜まりすぎるとこむら返り、むくみ、肉離れなどになっていきます。

それを予防していくためにはやはり自身のケアが必要になってきます。

今回は足の疲れを取る簡単なストレッチをご紹介したいと思います。

 

1.イスに座ります。

2.伸ばしたいほうの足を前に出し、つま先を天井に向けます。

3.両手で膝を上を少し軽く押さえます。

4.背すじを伸ばして胸を張り、おへそを前に出しながら伸ばした体をそのまま前に少しだけ倒します。ゆっくり呼吸をしてリラックスし、息を吐きながら体を前に倒します。

5.太ももの裏が痛みの出ない範囲で軽く張ったら、そこで5秒ほど静止して体をゆっくり元の位置に戻します。左右5回ずつ行います。

このストレッチでポイントは動作をゆっくり行い太ももの裏と膝裏が伸びるのを感じとることです。

寝る前などにやると効果的です。是非実践してみてください!

⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。