蒸し暑くなってきた時に体調が悪くなりやすい方へ

湿気が多い時期になると体が重くなる

梅雨の時期は体がだるくなってしまう

毎年そのような症状が出てしまう…

そのような声を頻繁に聞きます

体は湿気にさらされてしまうと肺や気管支等の呼吸器と

腎臓、膀胱等の泌尿器の働きが悪くなってしまいます

肺の働きが悪くなると体が重く、息苦しくなり

腎臓、膀胱の働きが悪くなると体がだるくなってしまいます

対処方法なのですが…

まず基本的な事ですが

湿気の多い時期は体の重さ、だるさに負けずに動いている方が体の調子は良くなります

息苦しかったり、気分がすっきりしない時は

呼吸器に負担がかかっている時です

大きく深呼吸をしたり、太ももの裏の筋肉(呼吸器に関係があり)を伸ばしたり、大股で歩く事で不調が解消されやすくなります

体がだるく感じる時は

泌尿器に負担がかかっている時です

正座をして後ろを振り返るように3,4回振り返るようにすると

泌尿器の働きが回復してだるさの解消に繋がります

今の時期に体調を崩してしまいやすい方は是非お試しください

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。