体のだるさ、重さ、眠気はどこの不調から?


今回は、体の不調はどこから来るのかのお話をします。

まず最初に体の不調を感じるが、「筋肉のゆるみ」です。
筋肉は、腕や足を動かしたり姿勢を保つためにはとても大切です。

当然の事ながら、筋肉に力が入らなければ、思うように体を動かす事ができず、
座っている姿勢や立っている姿勢だけでも辛く感じてきます。

だから筋肉がゆるむことで、「体がだるい」「重い」「眠気が取れない」といった感覚に襲われます。
また、何もしていないのに疲れるなども筋肉がゆるみが関係しています。

しかし、このような体の不調で寝てもなかなか改善しないものは
単に筋肉のゆるみだけではありません。

そこには、背骨の疲れが加わっています。

だるい→D9、L4
重い→D1、L1、L2
眠気→L1、L2、C2

この部分から、姿勢が崩れるのです。
そして、筋肉がゆるんでいるので、血流も悪く
場合によっては、内臓も下がって食欲が無くなったり
消化不良なども起こしやすくなります。

今回は、こういった不調を改善する体操をご紹介します。

①両腕を広げ手をグーパーグーパーして、指を広げたり閉じたりします。
②次に肩の高さで腕を伸ばし、前から外へ広げたり閉じたりします。
③一度大きく深呼吸をします。
④もう一度、深呼吸をして息を吐き切った時に、お腹を引っ込めます。
⑤そのまま手を握り、お尻にもグッと力を入れてからパッと力を抜きます。
※ ④〜⑤を3回ほど繰り返します。

動画:体の不調回復体操

体の疲れが取れない時に行うと体が動かしやすくなりますので、
ぜひお試しください!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。