夏の後半に胃腸の調子が悪くなるのはナゼ?


熱中症を考えると、水分補給が気になります。

体の免疫を考えると、常温の水やお茶が良いのですが、
ついつい冷たいものが欲しくなります。

これが、夏の後半になると胃腸に影響を及ぼします!

冷たい水などを多く飲むと、徐々に胃腸が弱ってきます。
一度に多く飲む水分で胃や腸を保護する粘膜が薄くなり、
冷たいもので、血流が悪くなります。

これでは、水分で薄くなった粘膜が回復できません。

そうなると、胃腸の働きが低下して、
もたれるような感じや、お腹が張るような不快感が現れます。

このような感覚があっても、疲れが取れないなどの症状が現れます。
今回は、夏のお腹の不快感を改善させる方法をご紹介します!

①お腹を時計回りに押していきます。(2周ほど)

②足の親指と人差し指の間をじーっと広げます。

③次に足の中指と薬指を広げます。

水分補給も大切ですが、ときどき暖かい飲み物も
喉の渇きを落ち着かせ、体にも良いですよ。

ぜひ試してみてください!

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。