寒くなった時の体調不良対策


11月~12月頃になると寒さと乾燥による影響が

体に出始めてしまうのですが

その影響は特に「筋肉」に現れます

寒さと乾燥によって体から水分が失われてしまい

その結果筋肉がみずみずしくない状態になり

筋張った硬い状態になってしまいます

そうなると上手く伸び縮みしなくなってしまい

・寝違い

・ぎっくり腰

・こむら返り

等の症状が起こりやすくなってしまいます

そのようにならない為には

体にしっかりと水分を蓄えておくことが大切なのですが

体がむくみやすかったり、冷え気味な人は

水分不足のサインですので要注意です

水分不足を解消するためには体の水分を循環させるために

足湯や脚湯をオススメします

気になる方は是非お試しください

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。