太陽アレルギーの予防の仕方

今回は、太陽アレルギーの予防法を紹介します。

 

太陽アレルギーというのは、太陽の光、紫外線を浴びることで皮膚が荒れてかゆみや発疹ができたり、頭痛や発熱などの症状が出たりするものです。

 

そういった太陽アレルギーを食事で予防する方法を紹介します。

 

まず、オレンジ色の肌などの血色の良い色の肌って健康的に見えますよね。

肌の色をそのような色に保つことで、太陽に対する皮膚の防御機能を高めることができます。その結果太陽アレルギーの予防にもつながります。

では、何を摂取すると良いのかというと「βカロチン」です。

人参やほうれん草やモロヘイヤ。あとは、みかんやスイカなどにも多く含まれています。

このβカロチンを多く摂取することで肌をオレンジ色に保つことができ太陽に対する皮膚の防御機能を高めることができます。

 

その結果、太陽アレルギーの予防になりますので、食事で積極的に取り入れてほしいと思います。

 

最近、太陽に当たると肌が荒れるなど気になる方はお試しください。

 

 

今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。