当グループ総院長のラジオ番組 豊田竜大の健康NOW            (ラジオ大阪1314 毎週日曜16:55~放送中)にて本日放送      「ブーツの中が臭いのはナゼ?どうすればいいの・・・」


ブーツを履いている女性の方、あまり脱ぎたがらない方が多いですよね。まぁ、男性もいらっしゃいますが、足のにおいを気にする方が多いと聞きます。

足が臭くなる人の共通点は、自分のサイズに合っていない靴を履いていることが多いです。

悪臭の原因は細菌です。温度・栄養・水分がそろうと、細菌にとっての環境がよくなってどんどん増殖し、悪臭を放ちます。

足の角質を栄養分とし、足の裏からの汗を水分とします。あと温度は、合わない靴を履いていると上がります。例えば、サイズが小さいと密着性が高すぎて、むれて温度が上がることは想像できると思いますが、逆に大きすぎても、靴の中で足が動き過ぎて摩擦熱が多く発生するため、温度が上がるのです。そうすると、細菌が増殖して臭くなります。

だから、靴選びは、デザインも重要ですけど、自分の足に合う靴を選んで下さい。本当に臭いが気になるのなら、シューフィッターに選んでもらうのも、一つの手です。ご参考になさって下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。