膝は器用に使っている関節です!

は、年齢と共に痛みが現れやすい所のひとつです。

また、体重を支えながらバランスをとり、
様々な地面や角度などにも対応しながら
歩いたり、しゃがんだりもできます。

それだけ細かい動きをして
器用に使っている関節とも言えます。

膝が痛くなる原因として、
「軟骨」のことがよく話題にあがってきます。

しかし、関節の動きは
筋肉、靭帯、骨の位置のバランスが大切です。

だから軟骨のすり減りだけが、問題では無いとも言えるのです!^ – ^

特に、膝の上下にある筋肉である
太もも、ふくらはぎは、膝を動かす時によく働いています。
また、お尻の筋肉も足をしっかり支えるためにも重要な部分です。

今回は、
しゃがむと膝が痛くなったり、痺れが出てくいる方への体操をご紹介します。

①台などに足を乗せ、膝を直角にします。
②膝よりの太ももの裏を、指で押しながら膝を曲げ伸ばしします。
③今度は、ふくらはぎの裏を指で押しながら膝を曲げ伸ばしします。
④最後に膝の裏を指で押さえ、ゆっくり膝を曲げ伸ばしします。

★②〜④は5〜10回程度動かします。きつい時は、3回程度をゆっくり行ってください。

動画:しゃがんでいると膝が痛くなる人への改善運動

膝の違和感は、そこからバランスが崩しやすいのです。
感じた時から早めに治療をすることをお勧めします!( ^ω^ )

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。