季節の変わり目には、大きな呼吸を。

季節の変わり目では、
体がその時期で、動きやす最適な状態へ変化してきます。

代表的なのは、骨盤の形です。

骨盤の締まり具合を調節することで、
寒さ暑さに対応でき、内臓の動きもその時期に合わせて働かせることができます。

その反面、この変化がうまく行かない場合もあります。

その原因として、
体のゆがみや、関節の硬さ、血流状態があげられます。

体の変化は、
一度に動くわけではなく、徐々に動いて体に馴染んでいきます。

この時に、うまく動かないと
神経痛や頭痛といった重い感じの痛みが現れやすくなります。

このような痛みは、じわじわとした痛みと、
気になる集中力が無くなってしまいます。

今回は、呼吸を使った改善方法をご紹介します。

①足を肩幅に開きます。
②鼻から息を吸い込み、空気が背骨を通ってお尻まで通るイメージをします。
③息を吐くときは、反対にお尻から背骨を通って口から息を吐きます。
④今度は同じように息を吸い込み、痛みがあるところが膨らむようにイメージをします。

※これを5回ほど繰り返します。大きく呼吸するのもポイントです( ^ω^ )

何回か繰り返していくと、痛みが和らいできますし、自律神経も落ち着いてきます!

ぜひ試してみてください^^

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。