寒い季節の乾燥対策


秋から春にかけての間、体は知らないうちに乾燥してしまう事は皆さんご存知ですか?

そして体が乾燥してしまうと色々な不調

(むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなるので血圧が高くなったり、脳梗塞の原因)

の原因になってしまいます

また乾燥してしまいがちな期間の中でも、時期によってどのような水分補給が体にとって有効で効率が良いのかも違ってきます

寒さの厳しい1月、2月は「水」以外の吸収が悪くなってしまうので常温の水をたっぷりと飲むのが効率的です(体の状態が良いと、水がおいしく感じます)

気を付けていただきたいのは『ちびちび』と飲むと吸収がより良いです

がぶがぶと飲むと少し効率が悪くなってしまいます

より吸収を高めたいという方は、お風呂に入りながら飲む事をお勧めします

また、今の時期にむくんでしまう方は座ってでも仰向けでもいいので1日15分ぐらい足を高くする事をお勧めします

その際には温かい汁ものをとりつつ、水をちびちび飲む事でむくみの解消に繋がります

気になる方は是非お試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。