春は下痢と腰痛が起こりやすい??

春になるとお腹を下しやすくなってしまう

この時期になると腰痛を起こしたり、ぎっくり腰になってしまう

そんな話をよく耳にします

これらには理由があって、春になると体は

・消化器の動きが活発になる

・骨盤が開いて上にあがる

ようになっている為です

下痢になってしまうのは冬の間、体にため込んだ脂肪や毒素を体の外に捨てる為です(体は冬になると色々な物を蓄積させやすくなります)

ぱっと考えると下痢になる事は体にとって良くないんじゃ…

と思われるかもしれませんが、冬の間に余計にため込んだ物を出す事によって体はスッキリとします

腰痛が起こってしまうのは春になると骨盤が開いてきて、上にあがっていくような傾向にあります

骨盤を動かすエネルギーが体の中から起きて、その力が徐々に広がっていくのですが

いびつさやゆがみがあるとスムーズに力が伝わらず、その境目で余計な力がかかってしまいそれが腰痛の元になってしまうのです

 

 

これらが春の体調不良の原因となります

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。