春を迎えた時に起こりやすい体の不調

暖かくなり春を迎えると体は緩んで開いていきます

体が緩む】という表現はあまりピンとこないかもしれませんが

後頭部(頭の骨)から始まります

頭の骨は多くの骨がパズルのようにかみ合っていて、その部分に少し隙間ができて緩んでいきます

そして次に肩甲骨が緩みます

肩甲骨は冬の時期は肩をすくめたような状態(首の方に上がっている)で固まってしまっています

頭の骨も肩甲骨もうまく緩まないと

それを解消するために風邪や花粉症のような症状(鼻水、くしゃみ、涙、咳etc)をおこして、体を変化させようとします

冬から春の季節の変わり目に毎年体調を崩してしまいやすい方は

頭の骨や肩甲骨の動きが悪くなっているかもしれません

頭の骨は蒸しタオルを使って

肩甲骨は肩の上げ下げ運動等によって解消されますので

不調を感じられる方はお試しください

 

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。