汗ばむ時期の不調対策

汗ばむ陽気になってくると急に体調を崩す人が増え始めます

その原因は『汗をかいて急に冷やしてしまう』事です

たったそれだけで、と思われるかもしれませんが

ただ冷えるよりも体にとって大きな影響を与えてしまいます

特に汗をかいて冷たい風にあたるとより悪く

血圧の変動や脳溢血等をおこしてしまう事もあります

全体的な症状としては

体のだるさ、むくみ、筋肉の痛み、眠気、頭痛、目の痛み、鼻水、下痢、お腹の張り、等いろいろな症状を起こしてしまいます

改善方法は胸椎の5番に刺激を与えて動きをつける事です

(胸椎の5番は汗をかく事ととても関係が深い部分です)

場所は肩甲骨の真ん中ぐらいの背骨です

汗が出にくい時はここがポコッとでっぱっているので、こすったり、叩いたりして刺激を与えて、手のひらをあてて30秒ほど待ちます

こうする事で胸椎の5番に動きがついて、汗が出やすくなり不調が改善されます

気になる方はお試しください

動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。