受験を乗り切れ!座ったままできる、集中力アップ法。


今の時期、患者さんで受験生も来院しますが、みんな疲れが見られます

体の状態は、特に胸部のあたりが緊張していて硬くなっていることが多く、こうなると、イライラして落ち着かないし、考えも集中しにくくなります。

そこで、自分でできる解消法は、「腕組み」です。

 

方法は、二の腕の真ん中あたりを、外側から手のひらでフワッとさわります。

このポイントは、僕たちの治療の中では、「化膿活点」と呼び、「炎症を鎮める急所」です。

胸部に緊張がある場合、このポイントを押さえると、筋肉の弾力は無く、骨に直接さわるような手ごたえがあります。

ポイントをフワッとさわっていると、うまくいくと、胸部の中心が温かくなり、呼吸もしやすく、腕の筋肉の弾力も出てきます。

大事なのは、触れている手を意識するのではなく、触れられている腕に意識をすることです。手の方に意識がいきがちですが、それでは、効果がありません。

受験生の皆さん、胸部の緊張を解消して、受験を乗り越えましょう。

動画はコチラ→見るとすぐわかる、集中力アップ法

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。