EXILEのNAOKIの症状 脊柱管狭窄症と頚椎の作用

脊柱管狭窄症とは、脊髄が通っている管が狭くなってきて、神経を圧迫する病気です。

先天性と後天性に分かれますが、NAOKIさんの場合は、先天性のようです。

首に関していえば、どこを損傷するかによって、表われる症状が違います。

頚椎1番を損傷すれば、平衡感覚の異常が表われます。

頚椎2番   ;      頭痛の頻度が増えます。

頚椎3番   ;      鼻づまりがひどくなります。

頚椎4番   ;      耳鳴り・難聴が発症しやすくなります。

頚椎5番   ;      腕にしびれが起こる可能性が高まります。

頚椎6番   ;      肌につやが無くなり、しみが出来やすくなり                               ます。

頚椎7番         ;          動悸や胃痛が起こりやすくなります。

これらの症状は、脊柱管狭窄症だけの問題ではなくて、首を痛めると発症する可能性が高い症状です。

首を大切にしましょう、凝ってるからといって、安易にマッサージするのも考えものですよ。

動画「一日も早い復帰を

            

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

EXILEのNAOKIの症状 脊柱管狭窄症と頚椎の作用 への1件のコメント