風邪・インフルエンザの予防には、のどのうがいより紅茶がいいってどうよ?


「これ、ホント」

”うがい”というのは、実は日本独自の習慣なんです。

研究報告によると、うがい薬よりも紅茶や緑茶を飲むほうが、インフルエンザや風邪に対する予防効果があるそうです。

茶葉に含まれるカテキンは、ウイルスに結合し感染力を弱める働きがあります。

喉に付着したウイルスは、約10分程で粘膜を破って体内に侵入してしまいます。それを予防するには頻繁にうがいをする必要がありますが、外出先ではそんなことできません。

だから勢いよく紅茶・お茶を飲むことをおすすめします。

ウイルスを飲み込むことに抵抗があるかもしれませんが、胃には強烈な胃酸が備わっているので、完膚なきまにウイルスを退治してくれます。

のどが痛い、インフルエンザが心配と思われる方は”紅茶”を定期的に飲むことをオススメします。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。