当グループ総院長のラジオ番組 豊田竜大の健康NOW            (ラジオ大阪1314 毎週日曜16:55~放送中)にて本日放送      「ハガキ スイーツ好きのエンジニアさんからの質問 糖分を消費させる方法」


おハガキの紹介

『私は、36才独身男性で一人暮らしをしています。IT系の仕事で毎晩遅く、満足な食事が取れていません。ほとんどコンビニ弁当ですが、大のスイーツ好きで、デザートが欠かせません。でも、栄養が偏りそうで、毎朝マルチビタミンのカプセルとカルシウムのタブレットを飲んで、補っているつもりです。そこで相談なのですが、「夜のスイーツは、朝のサプリメントに影響しますか?」ほとんど毎日ですが、いかがでしょうか?教えて下さい。宜しくお願いします。』

A.とにかく、時間を見つけて歩いて下さい。

その理由は、歩かないと、もちろん脚腰の筋肉は衰えて、萎えてきます。脚腰の筋肉は、大きい筋肉なので、多くの糖を消費してくれます。しかし、筋肉量が減少すると、糖の消費が減り、糖が過剰になってきます。すると、食後の血糖値が下がりにくくなり、これが続くと糖尿病のリスクが非常に高まってきます。

それに、この高血糖になっている時間が長くなると、血管の内側に無数の小さな傷ができます。これを、何年も繰り返していると、血管が硬くなっていき、動脈硬化へと進行していきます。動脈硬化になると、血流の悪い箇所が慢性的に酸欠になる為、神経痛がおきる可能性があります。

この経過でおきた神経痛は、体の調整だけでなく、食事や生活の見直しをしなくてはダメなので、厄介なのです。

というように、元をたどれば、歩かないことで脚腰の筋肉が衰えたことが大きな原因の一つなので、結果として、糖尿病を防ぐには、カロリー制限も大切ですが、むしろ、脚腰の衰えを防ぐ運動の方が大事だと言えます。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。