「加齢臭」で知っておきたい、2つの予防法


まず、一つ目は

「食べ過ぎない」ということです。

 

臭いの原因となる「悪玉菌(特にウエルシュ菌)」は、体内で酸性物質を分解して、悪臭ガスを作ります。このガスは、大腸から吸収され血液を通じて全身に行き渡り、加齢臭・老人臭・病人臭・口臭・悪臭便・汗・オナラ・ゲップとして体外に排泄されるのです。

なので、食べ過ぎることによってガスの量も増えるのです。そして、腎臓・肝臓・大腸・小腸の機能も低下し、栄養の吸収も悪くなります。

「食べ過ぎること」の他に、「アルコールの多飲」「薬の常用」「高脂肪や動物性タンパク質、砂糖の摂取過剰」「食物繊維の不足」などによっても、悪臭ガスが多く発生し、下痢・便秘・肝臓病・腎臓病・大腸ガンの原因となります。

 

そして、2つ目は

「お腹を冷やさない」ことです。

というのは、悪玉菌が、けっして悪者というのではなく、善玉菌とのバランスが大切で、それを安定させるためには、「お腹を冷やさない」ということが一番有効だからです。

ぜひ、おぼえておいてください。

 

動画はコチラ→「説明と出たがり

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

「加齢臭」で知っておきたい、2つの予防法 への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    匿名なのに、私には誰だか分かる・・