職場でイライラしすぎたり、パニックになったりした時の「頭痛」、その解消法


5月になり、新しい環境や職場にまだまだなれない方も多いと思います。仕事や人間関係でなかなかうまくいかず、イライラと興奮したり、パニックになったりして頭にきて「頭痛」になっている方をよく聞きます。

そういうときのカラダの状態と解消法を紹介したいと思います。

まず、ヒトが興奮しすぎたり、困ったことになったりすると、頭のてっぺんがトガリます(頭のてっぺんをさわると少しトガッた硬い感触があります)、これは頭の骨の歪みからきています。

それと、側頭筋が硬くなります、側頭筋とは頭の側面にある筋肉です、これが硬くなり、いわゆる「歯を食いしばった状態」になっています。

これらを解消する方法としましては、

1. 耳の前、頬骨の下あたりに、手のひらの下の方のふくらみで触れ、中指を頭のてっぺんの方に向けます。

2. 手のひらをすぼめた状態で包むように触れます。押えず、ゆっくりゆっくり力を抜き、触れておきます。

3. 手で触れているところが温かく感じられたら、終了です。

ヒトは、困ったとき「頭を抱える」のは、この側頭筋の緊張をリラックスさせて、興奮を鎮め、落ち着こうとする本能的しぐさです。

頭がスッキリしますので、ぜひお試しください。

動画はコチラ→「豊田整骨院 受付前

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。