当グループ総院長のラジオ番組 豊田竜大の健康NOW            (ラジオ大阪1314 毎週日曜16:55~放送中)にて本日放送      「ハガキの紹介と五月病を吹き飛ばすお風呂の入り方」


今日はまず、おハガキの紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おハガキありがとうございます。

こういうハガキ大歓迎です。

今日はゴールデンウィークも最終日という方、多いのではないでしょうか。明日から、また仕事や学校が始まりますが、そろそろ、新年度に環境が変わった方なら疲れがでてきている頃だと思います。いわゆる、五月病みたいなものですね。

そもそも人間の体は、春は弛むほうに働くので、なかなかテンションが上げらず、気合いも入りにくいものです。しかし、環境が変わって緊張を強いられるのも、この春に多く、その為、そのギャップに疲れてしまうのが五月病と言われる原因なのですが、今日は少しでも早く、この五月病から抜けだす為のお風呂の入り方をご紹介します。

まずは、ご自分の体が何によって疲れ、やる気が出ないのかを知ることが必要です。例えば、「精神的に疲れた…」「頭をつかいすぎて疲れた…」という場合は、ぬるめのお湯で20~30分の半身浴がオススメです。

また、身体の疲れ、肉体的に疲れたなぁと感じる場合は43~45℃と出来るだけ高い温度で5分程お湯につかるのがいいです。

この様に、体の状態に合わせて入浴することが重要で、そうすると疲れも取れやすく、朝の目覚めも良くなります。

後、入浴後はしっかりと髪の毛を乾かして下さい。生乾きのままだと、寝ている間に頭が冷えすぎて睡眠の質が落ちてしまいますので気を付けて下さい。

今言ったことを参考にしてもらって、何とか早く五月病を吹き飛ばして下さいね。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。