今から予習しておきたい、これからの時期に増えてくる食中毒対策。


特に6月~8月は食中毒が特に起こりやすい時期です。

その理由は・・・

食中毒の原因となる細菌が

気温が高くなれば高くなるほど増加しやすくなるからです。

 

今回は厚生労働が推奨している対策方法を紹介させてもらいます。

洗う

手には色々な雑菌がついています。

料理をする前、生の肉や魚、卵を触ったとき、トイレに行った後や鼻をかんだ後は、しっかりと手を洗いましょう。

手だけでなく、生物を使った後の包丁やまな板、お箸等にも気をつけましょう。

 

低温で保存する

多くの最近は温度と湿度が高いと増殖しやすいです。

ですが、10℃以下では増殖がゆっくりになり、マイナス15℃以下になると増殖が止まります。

なので、保存する温度に気をつけましょう。

ただし、低温で保存してもゆっくりと増殖します。

 

加熱処理

ほとんどのウイスルや細菌は加熱すると死んでしまいます。

肉や魚、野菜なども加熱して食べれば安全です。

目安は75℃で1分以上です。

 

最後に・・・

予防する事も大事ですし、ご自身の体調も食中毒に大きく関係しています。

寝不足や体調不良も関係していますので、お気をつけください。

 

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。