あくびの効果


今回はあさひ鍼灸整骨院の荒木がお届けします。

緊張したり、眠くなったりしたらあくびが出ますよね。

あくびって実は体に必要な現象なのです。 いまだにメカニズムについてはわかっていないことも多いですが。

あくびをすることによって、首から頭の前の部分の緊張をゆるめてくれます。 何回かあくびをして、涙が出るとさらにリラックスできます。 そして目の疲れも取れます。

うまくあくびが出せるようになると、頭の前の部分の緊張がゆるんで後頭部がひきしまり、『良い集中力』が出せます。

みなさんもあくびをうまく活用してみてくださいね。

あくびの効果

○ 頭と目の疲れがとれる

○ 良い睡眠がとれる、寝つきがよくなる

○ 集中力が高まる

 

参考までにあくびの出し方をご紹介しておきます。

① 唇を開くほうではなく、閉じるほうに力をいれる。 少し口が閉じた状態のままキープしておいて、口を開けようとする。 開きそうで開かないような状態ですね。

② そうすると自然にあくびが出てきますので、唇の力は抜いて自然にあくびをします。

③ これを繰り返すと涙が出て、頭と目が気持ちよくなります。

 

意図的にあくびが出せるようになると、結構使えますよ!

お試しください^^

 

( ´O)η ファ~

 

 

 

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。