「連休明け」ボ―ッとしてしまう、改善法。


「あぁ・・・なんか集中できひんなあ・・・」

って、ありません!?

「雑念を払いたいなあ・・・」

って、ときもありますよね。

今回は、ひとつのことに集中して、じっくり考えたいときや、雑念を払いたいときの方法を紹介します。 以前に、頭の疲れや首の疲れを取る方法としての「頬杖(ほおづえ)」を紹介しましたが、その応用です。

人間は、考えが煮詰まってしまうときは、「首の筋肉が過緊張」してしまっていることが多いです。なので、その緊張を取ることがポイントですが、

カンタンです。

1.  まず、親指と人差し指で軽く、顎(あご)に当て支えるようにします。顎を引き、手で軽く押して補助します。

2. 顎の位置を少しずつ左右に動かしてみると、手が触れているところがフィットし、そして、温かくなるポイントがあります。このときは頭の重みすべてを手の上に載せないように気をつけてください。

3. そのままの姿勢でいると、首が温かくなり、さらに肩の上も温かくなってきます。過緊張が、緩んでくるのがわかります。

ぜひお試しください。

動画はコチラ→「紹介中 川越編

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。