冷房で冷えた身体を守る方法


今回は「冷房による冷え」です。

 

最近は、昼間になると35℃・36℃と猛暑日が続いて冷房をつけないと倒れてしまうんじゃないかなと思うほど暑いですよね。

しかし、冷房のつけ過ぎによって足元だけが冷えて、上半身が暑い「のぼせ」の状態になってしまいます。

「のぼせ」ている状態になると、頭だけが暑くなってぼーっとしてしまい仕事に集中できません。

また、足元は冷えていますので、女性では、生理痛がひどくなったり、妊娠もしにくくなったりとあまり良いことはありませんよね。

そこで、解決策としまして

①床に座り、足を骨盤の幅に開きます。しんどかったら膝を少し伸ばしてもOKです。

②足の指をグーパーグーパーしてみてください。左右同じ速さに出来る程いいです。

この運動をすることによって頭に昇った血液が足先まで流れていきますので足までぽかぽかしてきます。

皆さんも、冷房で冷えてきたかなと思ったときは1度試してください。

動画もご覧になって下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。