これで快眠!骨盤は閉めればいいわけではない!!


今回は、『骨盤と睡眠』についてです。

最近は、「骨盤ダイエット」など骨盤を閉める方法ばかりが紹介されています。しかし、骨盤はしまっていれば良いってわけではありません。

開閉運動がしっかりとスムーズに行えなければいけません。

閉まってばっかりだと、常に緊張した状態になってしまいますので、イライラしたり、なかなか熟睡できなくなってしまいます。

骨盤にとっては、開くという運動も必要になってきます。

そこで、今回は骨盤を開く運動を紹介します。

①足を肩幅に開いて仰向けに寝ます。

②外くるぶしが床につくようなイメージで外に開き、甲側にぐっと反らします。

③そのままで大きく深呼吸します。

④大きく吐いた息を吸いながら足を30センチ程上げます。

⑤息を吐き切ったらドスンと足を落とします。

⑥そのままの姿勢で2分姿勢をキープします。

この体操で骨盤も弛んで開きますので熟睡しやすくなります。

皆さんもなかなか寝れないときは試して下さい。

詳しくはこちらもご覧下さい。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。