リンパマッサージよりも効果的!?~デトックスできるツボ教えます~


今回は【静脈の働き】についてです。

体がむくむ。老廃物が溜まる。などいわゆるデトックスを行うためにはリンパマッサージが効果的!そんな話を一度は聞いたことがありませんか?

実は体の老廃物や水分の排泄は主に血液が行っているのですよ。

血管には、動脈と静脈の2種類があります。

体に栄養や酸素を送り届けるのが「動脈」
逆に、二酸化炭素や老廃物など体に必要のないものは「静脈」の役割。

静脈はリンパ管の近くにあって静脈の流れが良いほど、リンパの流れも良くなるという作用があります。また、静脈は静脈瘤にも関係が深く血液の循環が悪くなったり、屈筋(くっきん)という手足などを曲げるときに使う筋肉が硬くなると体の奥にある血管が表面に浮き出てくるのです。(ふくらはぎに多いのはその為です。)

そうなると、足がだるい、むくむなどの症状や美容的にも悪くなってしまいます。それを改善するツボが、『懸鐘(けんしょう)』というところ。

足の外くるぶしから上に指4本の所にあります。これをジーっと押すことで静脈の流れがよくなります。

また、抹消血管(手足先の細い血管)は神経に支配されていないのですが、唯一、影響を与えるのが脊髄神経の後から出ている神経なので、背骨の周りを集中的に温めると効果的ですよ!

夏に、水分を取りすぎてバテ気味のあなたは試してみてはいかがでしょうか?動画:コレで静脈瘤も解決!!~リンパマッサージよりも効くツボ教えます~

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。