超簡単にできる“便秘”と“下痢”の解消方法&メカニズム。そして、実は姿勢からも便秘か下痢か判断する事ができます♪


便秘や下痢に悩んでいる人に朗報です!!

便秘の方は椅子に座って、右手でお腹を時計回りに

下痢の方は椅子に座って、左手でお腹を時計回りと反対に

『優しく5回さする』これで解消されます。

こんな簡単な方法で大丈夫?

と思われるかもしれませんが、この方法にはちゃんとした裏付けがあります。

排便は「腰にある腰椎2番」と「骨盤付近にある仙骨2番」という骨から出ている“左側神経の働きによるものです。

実は、この左側のみという所がポイントで・・・

 

片側にしか無いために、身体がどちらかに傾いたり、ねじれてしまうと神経がちゃんと伝わらなくなってしまったり、反対に伝わりすぎてしまったりします。

 

ですので、姿勢から便秘、下痢を見分ける事が出来ます。

 

右が前にねじれる、右に傾く→下痢傾向

左が前にねじれる、左に傾く→便秘傾向

 

なので「便秘の時は時計回りに」「下痢の時は時計と反対回り」にさする事によって、ねじれや傾きが解消され、神経が正常に働くようになり、便秘or下痢が解消されます。

 

習慣的な便秘や急な下痢は苦しいものです・・・この方法で皆様のお役に立てれば幸いです。

動画はコチラから。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。