当グループ総院長のラジオ番組 豊田竜大の健康NOW            (ラジオ大阪1314 毎週日曜16:55~放送中)にて本日放送      「夏バテ対策 食事の摂り方教えます」


今日は、夏の疲れが出てきている人が多いと思いますので、そのことについてです。特に今回は食事の摂り方についてです。

一日の活力、元気をつけようと朝食をたっぷり食べようとする方がいらっしゃいますが、これはダメです。ただでさえ夏の疲れで胃腸が弱っているのに、特に三食の中でも一番消化力が弱い朝にたくさん食べてしまうのは良くないです。

一日の始まりなので、しっかりエネルギーを蓄える、又は、朝はカロリーのあるものを食べても太りにくいと考える向きもありますが、一番消化が弱いのは朝です。その時にたくさん食べると、当然それは消化しきれず未消化物として体内に残ってしまいます。そうすると、体は重くダルくなってしまい「元気がでる」どころではありません。

消化力が最も活発な時は、大体午前10時から昼2時ぐらいですので、お昼の食事をしっかり摂るほうが理にかなっています。

朝食は、体を温めるあたたかいスープや温野菜などが理想です。

本来健康な体というものは、朝起きた段階ですでにエネルギーがチャージされていなければなりません。前日に食べた物が消化・代謝され、エネルギーに満ちて朝を向かえる、これが健康な体です。

また朝、何も食べる気がしないという方は、まだ前日の夕食が消化しきれていないので、お昼を重点的に食べて、夕食を控え目にするという感じで生活すると、本来のリズムが戻ってくると思います。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。