産後ママにおすすめ!寝ながら骨盤引き締め法


今回の運動のポイントは「腰椎4番」です。

背骨の中の「腰椎4番」にこれから説明する運動によって弾力がつくと、骨盤がゆるもう(=広がろう)としているときに(過労のときや生理のときなど)骨盤はゆるみ、身体が集中を求めているときは骨盤が引き締まる反応をします。

[骨盤引き締め法]

① あお向けに寝て膝を立てる。

② 静かに膝を開閉する動きをしてみて、膝がなめらかに動きやすいポジションに足を置きます(人それぞれ、あるいはコンディションによってもポジションが変わる)。

③ 呼吸(自然なテンポで)に合わせて膝を閉じたり開いたりする。

a.広げるときに息を吸い、閉じてるときに吐く。

b.閉じてるときに息を吸い、開くときに吐く。

aまたはbのうち、人によって、またそのときのコンディションによって、やりやすい方をしてください。途中でabが自然に入れ替わってもいいです。

④ 「血海(膝の上内側)」というツボ同士を近づけ(くっつけ)たり、離したりするように意識してもいいです。

⑤ 腰や下腹、首などが温かくなれば、成功です。

また、この運動は「便秘・生理不順になりやすい人」「慢性的に足腰が重い人」「肩の後ろ側から首にかけて凝る人・眼の奥が重く、頭も痛くなる人」「冷え症の人」にも効果的です。

カンタンなので、ぜひお試しください。

動画はコチラ→「すぐわかる!実演篇

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。