家庭でできる!眠る直前にする「不眠解消法」


今回は「不眠症」についてです。

不眠症は、自律神経の乱れによって起こることが多いものです。原因としては、残業や夜ふかし、ストレスなどがあげられます。また、高血圧や消化器系が原因となることもあります。

不眠症には、首や肩のこり、背中のこり、上腹部や季肋部のこり、緊張がつきものです。解消法としては、まずこれらのこりや緊張をゆるめることが大切です。

(解消法の手順)

① あお向けに寝て両手を体側におき、リラックスする。両足を伸ばし、かかとを腰の幅に開きます。

② 息をいっぱいに吸い込みながら、あごを上に突き出して胸を張り、後頭部で床を支え、胸をいっぱいに反らせてブリッジする。

③ 5から6呼吸耐えてから、フーッと息を吐き、もとに戻す。

④ 2から3呼吸の間をおいて、②③の動作を3回繰り返す。

以上の動作によって、首や肩の緊張がなくなり、眠りやすくなります。

かんたんなので、ぜひお試しください。

動画で検証→「ぺ先生VSのび太

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。