「ランニング中、脇腹痛くなってきた・・・」その場で応急処置法


今回は、からだにふれたり動かしたりすると、脇腹のあたりが痛むという場合です。

原因としては、打撲や肋間神経痛、筋肉疲労などがあげられます。

また、痛みのほかに圧迫感や胸苦しさ、発熱などがある場合は、胸腹部の内臓疾患も考えられますので、専門医の診断を受けてください。

(処置法の手順)

① まず、起立(あお向けに寝てもいい)。

② 足を伸ばし、両かかとを腰の幅に開く。

③ 痛くない方(注意)の肘とこぶしを、からだの正中線にそってまっすぐ顔面に近づけ(腕を「く」の字に曲げ、肘の関節が目の前にくるように引き上げる)、しだいに頭上方向に力いっぱい引き上げて、からだの側壁を十分に引き延ばします。

④ この動作を2から3呼吸の間をおいて3回行う。

(注意点)「痛くない方を引き延ばす」

からだの片方が痛い場合、その痛いところを直接触ると、よけいに痛みが増してますます治りにくくなってしまいます。また、人体は左と右とがたえず拮抗関係にありますから、片方が痛い場合には、その反対側を治療することによって痛みや緊張、熱感などが緩和されることが多いです。

ぜひお試しください。

動画でわかりやすく説明「痛みがない側を動かしてね。

カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
Amebaなうで紹介

コメントは受け付けていません。